普段動かさない部分も運動あそびで動かし、多様な動きを経験できるようにしましょう。

近年、股関節の硬い子ども達がとても増えています。

股関節が硬いのか柔らかいのかで動ける範囲が変わります。

日常生活でも和式トイレでしゃがむことができなかったり、

靴下を履くのに手間取ったりと支障が出てきます。

 

昔のように生活の中で股関節を動かす機会は

今ではとても少なくなっているので、日々の運動あそびで

普段動かさない部分もしっかりと動かしていきましょう。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの中に、

跳び箱の開脚跳びを平地で行う遊びとして

「ウシガエル」という動きがあります。

 

このウシガエルさんは、足を横に大きく開いてしゃがみ、

手をパーに開いて足の間にくっつけた状態でつき、

足の順番で前に出して進んでいく動きです。

 

子ども達は、動いていくうちに手足という動きが

できなくなってしまうことがあります。

その場合は2本の縄を使って線路を作り、線の中に手をつくこと、

足は線の外に大きく開いたパーの足でついて進んでいくことを

教えてあげてください。

 

どうしても手と足が一緒に動いてしまう子がいたら、

跳ぶ時の手と足の位置を見てあげてください。

手と足が一緒にジャンプしてしまうということは、手と足の位置が

近いということなので、手の位置を前につかせてあげるようにします。

 

手を前についたら、足をキックするから体重を1回後ろにするように

伝えながら「1.2の3」で跳びます。

手と足の距離を広げることが大事なポイントです。

手をつく位置を明確にしてあげることと、

足をしっかりと股関節から開くようにすることが大切です。

 

また、足の先が開いていても股関節が開いていない内股気味の子は、

しっかりと足をがに股にして大きく開いてからしゃがむという

やり方でやってみてください。

 

 

縄ばしごやフープ、線路などを子どもに合わせて取り入れ、

スモールステップで確実に力をつけていけるようにしていきましょう。