子どもが何かを継続するためには楽しく遊べるアレンジや工夫が必要です。

子ども達に運動を提供する時、それがどんなに良いとされる

運動であっても、同じことをただ繰り返しているだけだとマンネリ化し、

最初は楽しくても次第に飽きてきます。

 

飽きて楽しくなくなると、子ども達は自分達なりにそこに

楽しさを見出そうとします。

友達と競争して1番になろうとしたり、ふざけてわざと転んでみたり、

違うことをしてみたりします。

そうやって子どもが主導権を持った状態になると、

全体のまとまりがなくなり、崩壊してしまいます。

 

そうならないためには、遊びをどんどんアレンジして発展させて

いくことが大切になります。

音、色、形、順番、文字などの要素を加えて認知的な発達も

促しながら、子どもの興味に寄り添った楽しい遊びを提供しましょう。

 

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「積み木拾い」をご紹介します。

まず、大縄を床に置き、少しクネクネさせます。

その周りには複数の積み木をばらまいておきます。

子どもは1人ずつ縄の上を綱渡りのように歩きながら、

指示された数の積み木を拾います。

 

縄から落ちないようにバランスをとりながら、

積み木を拾うために立ったりしゃがんだりするには、

足の指先に力を入れて踏ん張ることが必要です。

 

数の指定の他にも色や形を同時に指定したり、

「手前から3つ目の青い積み木」など、少し複雑な指示にも

挑戦してみましょう。

 

バランス力や足の指先の踏ん張り力の他に、

集中力、記憶力、複数のことを同時に行なう力など

日常生活に役立つ様々な力を身に付けることができますよ。