どんなに良い運動でも子どもが自ら楽しんでできなければ効果は期待できません。

こどもプラスでは、子ども達の体・心・脳の発達を促し、

生きる力を育む「柳澤運動プログラム」を提供していますが、

この運動あそびでの大事なポイントは、

「子ども達が自主的に楽しく行なえること」です。

 

どんなに良いとされる運動でも勉強法でも、

子どもがやらされていると感じてしまっていると

効果は薄くなってしまいます。

 

 

子ども達がやってみたくなるような声掛けや導入あそび、

わくわくするようなストーリー設定などで興味をひきつけ、

まずは大人が楽しんで行なうことが大切です。

 

今日は、柳澤運動プログラムの中から「ジグザグカエルジャンプ」

をご紹介します。

カエルジャンプは、主に保育園の年少で行なう動きで、

最終的に跳び箱につながる動きになります。

 

まず、足を横に開いてしっかり腰を落としてしゃがみ、

両手をパーにして足の間に揃えてつきます。

そしたら、手と足で同時に跳び上がり、カエルのように

ぴょこぴょこジャンプをしていきます。

 

 

ポイントは手をしっかりパーに開いてつくことと、

足を股関節から大きく開いて、腰を落としてしゃがむことです。

 

慣れてきたら、フープをジグザグに並べてコースを作り、

その中をカエルジャンプで進んでいきましょう。

このフープは、踏んでも痛くないようにホースを使って作るのがおすすめです。

 

 

動きを左右に切り替えることで足の指先の踏ん張り力や

体幹の筋力が育ち、コースがあることで先を読む力や

空間認知力なども養われます。

 

幼児期は体を器用に動かす巧緻性を育てることが良い時期なので、

いろいろな動きを経験できるようにしていきましょう。