子ども達が運動を好きになれるように、工夫した運動あそびで動ける体作りを目指します。

こどもプラスが提供する「柳澤運動プログラム」では、

子ども達が運動することを好きになることを第一にしていますが、

発達に合わせた運動あそびを段階を踏んで行なうことで

結果として跳び箱や側転、縄跳びなどの技術も身に付いてしまいます。

 

しかも、子ども達が楽しく取り組めるように様々な工夫がされているので

「やらされている」感覚ではなく、自主的に向かうことができ、

体力や運動能力の向上だけでなく、生きていくために欠かせない

社会性の発達も促すことができます。

 

その柳澤運動プログラムの中の基本的な動きの1つに

「片足クマさん」があります。

四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんの姿勢から、

さらに片方の足を後ろに上げて、両手と片足の3本足で

歩く動きです。

 

この動きは、今の子ども達に不足している「腕の支持力」を育て、

最終的には側転の習得につながるものです。

 その片足クマさんのステップをご紹介したいと思います。

 

1つ目のステップは、まずは形は意識しなくても良いので、

3本足で倒れずに歩けることができれば良いです。

 

2つ目のステップは、後ろに上げている足は高く上げなくても

良いので、まっすぐに伸ばして歩けるようにします。

まだ手はバラバラでも良いです。

 

3つ目のステップは、両手を同時につきながら進んでいきます。

両手を同時に床につけていれば、上げた足は曲がっても良いです。

手を左右バラバラにつくよりも、両手同時に付く方が

力をたくさん使います。

最初から同時についてやろうとすると、体重を支えきれずに

顔から落ちて怪我をしてしまったりするので、

必ず3つ目のステップから、両手を同時につくことを

意識させるようにしてください。

 

4つ目のステップで一番目標とする形は、両手を同時につき、

足を伸ばしてできるだけ高いところまで上げるようにします。

この形までくると、子ども達は自分でコントロールしながら

動くことができるようになってきているので、

手のつき方を変えるだけですぐに側転に移行することができます。

 

どのステップにおいても大事にするべきポイントは、

顎を上げて前を向いて行うことです。

下を向いたまま行なうと、足を振り上げた時に勢いで

後ろに倒れてしまうことがあります。

しっかりと顔を前に向けてできるように、指導者が子どもの

前方に立って声掛けをしながら行うのがおすすめです。

 

まずは子ども達が楽しく行なえることが大前提なので、

遊び方を工夫しながら一緒に遊んでみてください。