運動も勉強も繰り返すことで身につき、上達につながります。

九九や漢字を覚えることも、

速く走る方法やボールの投げ方を覚えることも、

身に付ける時には何度も何度も繰り返します。

 

繰り返すことで、頭の中で考えたことを脳から神経に

伝える道筋をより強固に作り上げることができます。

そうすると、やり方を間違えずにでき、そこからさらに

上達を目指すことができるようになります。

 

運動も勉強も繰り返すことが上達への近道なので、

運動あそびでも、一度習得したことでもまた繰り返すことで

動きに磨きをかけて発展させていきましょう。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの中から

「連続逆上がり」をご紹介します。

 

連続逆上がりは、補助者が上手に補助をしてあげれば、

まだ逆上がりを習得していない子や、

前回りが怖くてできない子でもできてしまいます。

 

やり方は、まず鉄棒で「すずめさん」になります。

すずめさんは、鉄棒につかまって飛び乗ったら

肘と足をまっすぐ伸ばして、顔は前に向ける姿勢です。

 

このすずめさんの姿勢ができたら、そのまま足を前後に振ります。

振っている足が前に来た時に、補助者は膝の裏に手を入れて、

背中を押さえるようにして体を折った状態で、

上に回してあげます。

このような補助をすると、簡単に連続の逆上がりができるようになります。

 

子どもが逆上がりをしようとする時、体が前に流れてしまうことが

多いので、前ではなく上に上がれるように補助をしてあげてください。

そして、同時に鉄棒から体が離れないように

子どもの体を鉄棒にくっつけるように押さえて回すこともポイントです。

 

まだ逆上がりの習得まで時間がかかりそうだという子でも、

実際に逆上がりの体験をしておくことで

イメージがつかみやすくなります。

必要な力を身につけながらも、時々こうしたものを取り入れると

子ども達のやる気も上がるので、おすすめです。