睡眠不足の子ども達がとても多いですが、睡眠不足は心身の発達や成績にも悪影響を及ぼします。

現代の子ども達は、小さいうちから塾や習い事などで

睡眠不足に悩む子ども達が増えています。

 

慢性的な睡眠不足が続くと頭痛や腹痛、イライラが出たり、

朝から体がだるい、記憶力や判断力、やる気が低下します。

その結果、勉強にも集中できず成績にも影響が

出るようになります。

 

睡眠不足は子ども達の心にも体にも脳にも

悪影響しかないので、子ども達の心身の健康を保つために、

幼児期からの早寝早起き・朝ごはん、日中の適度な運動で

規則正しい生活習慣を身につけられるように導いていきましょう。

 

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「跳び箱飛び移りジャンプ」をご紹介します。

 

1段と2段の跳び箱を複数用意し、低い→高い、高い→低いと

なるように少し間隔を空けて並べます。

跳び箱が複数ない場合は、丸めたマットを使っても良いです。

 

そしたら、跳び箱の上をジャンプしながら渡っていきます。

急ぐと危ないので、ゆっくり確実に渡っていくように

最初にしっかりと伝えておきましょう。

 

高さに対して怖さがある子は、足元ばかりを見ていて

腰が引けて背中が丸くなってしまいがちです。

下ばかりを見ていると、体のバランスが崩れやすくなって

さらに不安定になってしまうので、

足元ばかりに目線がいかないように

足元と前の両方を交互に見ながらできるように声掛けしましょう。

 

また、隣に立って手をつないであげる補助も良いですが、

子どものジャンプを補助する程度にし、

子どもが補助者にまかせきりにならないようにしましょう。