思い通りに体を動かせる運動神経の良さは小さい頃からの運動経験がポイントになります

子ども達には、トップアスリートにはならなくても、

基礎的な運動能力は身に付けて、

自分の体を思い通りに動かせる運動神経の良さは

あってほしいと思うものです。

 

そのためには、小さな頃から体を動かしておくことが

とても重要になります。

子どもの時に体を動かす経験が少ないと、

自分の体を思い通りに動かすことが難しいだけでなく、

日常生活で怪我が多かったり、

健康に悪影響を及ぼすことにもつながるので、

子どものうちに体を動かすことを好きになれるように

促していきましょう。

 

私達こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「アヒルダッシュ」をご紹介します。

 

膝を開いてしゃがみ、つま先立ちになります。
まずはこの姿勢で歩いたりゆっくり走ったりしてみます。

バランスをとる力がかなり必要になるので、
最初から速く走ることはせずに少しずつスピードアップを目指します。

 

つま先立ちでしゃがんだ姿勢で上手に進むためには、

足を出す時に太ももの付け根辺りから
動かすようにすることがポイントです。
普段歩く時にはあまり意識して動かさない部分なので、
運動あそびで積極的に動かしていきましょう。

 

そして、徐々に速く安定して走ることや

音を立てずに走ることを目指し、
強い体幹の筋力や体を器用に動かす巧緻性などを

しっかりと育てていきましょう。

 

ただ走るだけだとすぐに飽きてしまうので、

「音を立てるとオオカミに見つかって食べられちゃうかも」

と足音を立てないように意識できるようにしたり、

コースを作ってその中を進むようにしたり、

他の動きと組み合わせてストーリー性を持たせたりしながら

子ども達に合わせて楽しく提供してみてください。