年齢に合わせたルール遊びが子ども達の社会性の発達を促します。

子ども達は4歳頃になると「ルールのある遊び」が

少しずつ上手にできるようになってきます。

ただ、集団意識が芽生える一方で、自分が一番になりたい

という強い気持ちも持つ時期です。

 

友達同士でトラブルになりやすいので、

指導者は子どもの気持ちをしっかり聞いてあげることや、

常に公平な判断をすることを大切にし、

子ども達に合わせたルール設定や遊びのアレンジをしていきましょう。

 

例えば「鬼ごっこ」や「だるまさんが転んだ」などの

昔ながらのシンプルな遊びも、ルールのある遊びです。

これらの遊びも同じように繰り返すだけではなく

指導者がオオカミになり、子ども達は子ブタという設定で

行なうだけでも遊びに新鮮さが生まれます。

 

ただ、中には「オオカミにつかまるのが怖くて参加できない」

「走るのが遅くてすぐにつかまるから参加したくない」という

子どもも出てきます。

 

無理に参加させるのではなく、フープやマットなどで

「つかまらない安全スペース」を作り、

逃げる途中で少し避難できるような工夫をしたり、

つかまらずにうまく逃げる方法を、上手な子から

アドバイスしてもらう時間をとったりしながら

全員が楽しく参加できるようにすることが大切です。

 

私達こどもプラスの提供している柳澤運動プログラムは、

子どもの段階に合った遊びを提供することで

効果的に心と体の発達を促すことができ、

楽しく体を動かすことで幼児期に重要な脳の発達も

積極的に促すことができます。

 

子ども達の持っている力を最大限に引き出すことができるように

働きかけていきましょう。