幼児期には早期教育よりも外遊びの経験と基本的な生活習慣を身に付けることが必要です。

現代の子ども達を取り巻く環境は大きく変わり、

子ども達が元気に走り回って自由に遊べる場所は

目に見えて減りました。

加えて、低年齢からのお受験も珍しいことではなくなり、

小さい頃から塾や習い事に通っている子が多くいます。

 

そのために、体を動かすことが1日の中でほとんど無いと

いう状態の子ども達がたくさんいます。

それによって

お腹が空かないのでしっかり夕ご飯が食べられない。

夜眠くならないので遅くまで起きている。

朝すっきりと目覚めないので朝ご飯が食べられない。

午前中もボーっとして体がだるい。

など様々な悪影響が出ています。

 

子ども達の心身の健康を保つには、

まず規則正しい生活リズムを身に付けることが必要なので、

できることから始めていきましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「コウモリでなぞなぞゲーム」をご紹介します。

まずは鉄棒につかまって膝をかけて、逆さまにぶら下がる

コウモリに変身します。
そして、そのままの姿勢で指導者が出す問題に答えます。

 

一見簡単そうに見えますが、逆さまにぶら下がった状態で
問題を聞きとって理解し、その答えを導きだし、答えるということは
やってみると意外と難しく、子ども達には難易度の高い遊びになります。

この、体を使いながら何かを考えるという行為が

とても脳を活性化させてくれます。

 

無理なくできるように子どもに合わせて、

絵カードや写真を使った簡単な問題から始め、

少しずつ難易度を上げて、〇×ゲームやシルエットクイズ、
動物の鳴き声を聞いて動物を当てるなどの

いろいろな遊び方に挑戦していきましょう。

 

考えることに集中しすぎると不意に手の力が緩んだり、

手の力が尽きたことに気付かずに突然落下してしまう

危険があるので、鉄棒遊びでは必ず子どもの手首などを握る補助と

落ちたときに備えた補助や環境設定をしてください。