キレやすい子ども達には体を動かす遊びで前頭前野を活性化させるのがおすすめです。

脳の司令塔である前頭前野は、思考や創造性を担い

生きていくための意欲や実行機能などを司っています。

 

私達はこの前頭前野が体に指令を出すことで、

体を動かしたり止めたりしていますが、

この「ゴー」と「ストップ」の指令を出す能力が

今の子ども達は低下していると言われています。

そのため、自分で自分をコントロールすることができず、

キレやすかったりじっとしていることが苦手だったりします。

 

 

この能力を高めるためには「体を動かすこと」が効果的で、

しかも「楽しい」と感じられる運動が一番有効になります。

無理なく、楽しい・心地よいと感じられる程度の適度な運動を

日々の中に取り入れていきましょう。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。

 

跳び越える縄は、子ども達の膝の高さ程度に設定します。

その縄の前に立ち、両膝をくっつけたままジャンプして

跳び越しますが、「忍者」がつくので足音を立てないように

静かにジャンプ、着地をします。

 

より縄に引っ掛からないことを意識付けるために、

「敵に見つからないように」という設定で

縄やゴム紐に鈴をつけた物にするのもおすすめです。

 

音を立てない静かな着地を意識することで、

下半身のクッション性や全身の連動性を

高めることができます。

また、ジャンプ遊びでは足の指先の踏ん張り力や

腹筋背筋もしっかり刺激できるので、

良い姿勢を維持することにもつながります。

 

子ども達が飽きないように工夫、アレンジをしながら

継続的に取り入れていきましょう。