裸足の活動で足裏への刺激を増やし脳を活性化させましょう。

私達の足裏にはたくさんの神経が集合していて、

入ってきた情報を受け取り、脳に伝達しています。

運動能力の発達には、この足裏のセンサーが

しっかりと働いている必要があるので、

多くの情報を脳に伝えることができるように

足裏への刺激を増やすことが必要です。

 

今の子ども達は、日常的に靴や靴下を履いていて

足裏への刺激が不十分です。

裸足の活動を増やすことで足裏への刺激を増やし、

足と脳の協調性を高めていきましょう。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは

裸足での活動をおすすめしています。

できるだけ裸足で、足裏や足の指先をしっかりと刺激して

遊んでみてください。

 

柳澤運動プログラムの中から「スキップリレー」をご紹介します。

子ども達をいくつかのチームに分けて、スキップでリレーを行います。

 

大事なポイントは、必ずスキップで行なうことと、

自分のチームの友達を覚えておいて、

自分の順番がきたらスムーズにバトンをもらうことです。

 

競争なので、速く進みたくて途中からスキップではなく

走ってしまう子が出てきますが、必ずスキップで進むように

ルールを徹底することが大切です。

他の子達のやる気を損なわないためにも、

指導者はしっかりとルールを徹底しましょう。

ルールに則って遊ぶことで子どもの社会性や自制心が養われます。

 

また、途中でチームごとに作戦タイムをとり、

スキップで速く進むやり方や、

リレーの順番などを話し合う時間を作り、

さらに社会性、コミュニケーション力、問題解決力などを

積極的に育んでいきましょう。