リズム感を育てることは運動や会話能力の上達にもつながります。

「リズム感」というと、音楽のイメージが強いですが、

リズム感は音楽だけでなく、運動や人とコミュニケーションを

取る時にも重要な役割を果たします。

 

例えば運動では、縄跳びを跳ぶときや跳び箱を跳ぶとき、

ボールを投げたり、投げられたボールにタイミングを合わせて

打ち返すときもリズム感がとても大切になります。

そして、人と会話をするときでも、言葉と言葉の「間」を

感じながら会話をすると、お互いに気持ちが良く、

会話がはずみます。

 

幼児期のうちからの運動あそびで、しっかりと「リズム感」を

身に付けていけるように働きかけましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「手を使わないゆりかご起き」をご紹介します。

体操座りの姿勢から顎を引いて背中を丸めたら、
後ろに転がります。
そして、後ろに転がった反動を使って起き上がります。

 

手は足から離して起き上がる方が楽なので
最初は手を離して起き上がります。

慣れてきたら体操座りのままで
手を離さずに起き上がるようにします。

スムーズに起き上がれるように繰り返し行なってみましょう。

 

上半身と下半身の連動性が高まり、バランス能力、腹筋なども

養うことできる遊びですが、

単純な動きなので子ども達が飽きないように

遊び方を工夫し、取り入れてみてください。