効果的に能力アップしていくためには今の段階に合ったものを提供することがポイントです。

私達こどもプラスが提供している運動あそびは、

技術習得が目的ではないので、無理矢理やらせる必要はありません。

そして、ただ体を動かせば何でも良いということではなく、

子どもの運動能力や筋力など発達段階に応じて、

その子があと少しがんばったら達成できるところに

目標を置いてスモールステップで進めることが大切です。

 

子ども達のやる気を引き出し、怪我を防ぎながら、

効果的に能力アップを目指すためにも

子ども達の今の姿、段階を見極めることを大事にしてください。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「ウシガエルの跳び乗り&タンバリンタッチで着地」

をご紹介します。

スタートラインから少し離れたところに

1段の跳び箱を置き、そこまでウシガエルの動きで進みます。

ウシガエルは、足を開いてしゃがみ、

両手を中につき、手→足→手→足の順番に出して進む動きです。

 

これで跳び箱まで進んだら、両手を跳び箱中央について

両足でジャンプして足を手の外側につきます。
そしたら立ち上がって、腕を大きく振ってジャンプし
指導者が持っているタンバリンをタッチしてから着地します。

 

タンバリンタッチは着地する前に
空中にいる間にできるようにしましょう。
タンバリンを叩くことばかりに意識がいくと、

着地でバランスを崩しやすくなります。

着地までしっかり意識を向けることや、
もし転びそうになった時も、しっかり手をついて
体を支えられるように練習しておきましょう。

 

運動あそびで経験しておくことで、日常生活の中で

転んだ時にもとっさに手をついて体を守ることができます。