私達の脳も筋肉も神経も使わないと弱くなり、使えば使っただけ発達します。

脳の神経のつながりは、日々の体験や経験によって発達していきます。

何かやったこと、勉強したこと、失敗したことによって

神経同士がつながり、それが繰り返されることで

神経のつながりはより強固なものになっていきます。

 

逆に言えば、使わないと弱くなります。

前はできたのに、ずっとやっていなかったらできなくなっていた

という経験があると思いますが、

私達の体は、脳も筋肉も神経も使わないと弱くなり、

使ってあげればどんどん発達して強くなります。

 

子ども達が小さいうちにたくさんの経験を通して

体や脳を発達させていくことができるように

全身を使って多種多様な動きができる、楽しい運動あそびを

提供していきたいと思います。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「フープでぶら下がり遊び」をご紹介します。

直径30cm程の小さいフープを使って、

大人と1対1で遊びます。

フープがなければ細長くしたタオルでも代用できます。

 

 

まず、子どもにフープを握らせて持ち上げてみます。

まだうまく力を入れて握ることができない子には、

子どもの足の間に大人の足を入れて、

お尻を持ち上げるように補助をすると良いです。

 

持ち上げる他にも、床に仰向けやうつ伏せに寝転がって

フープを握ったら、引っ張っていく遊びもあります。

子どもは握っているだけですが、

握力や腕の懸垂力がしっかり育ちます。

 

まだ手が小さい未満児さんは、鉄棒は太くてうまく

握れないことが多いので、フープやタオルでの

ぶら下がり遊びがおすすめです。

 

 

このような遊びを繰り返していくことで、

鉄棒遊びを始める頃には懸垂力がしっかり身に付き、

スムーズな上達を目指すことができます。

ぜひ、小さいうちからのいろいろな動きの経験を

増やしていってください。