子どもの力を伸ばすには得意な面を伸ばし自信をつけることが大切です。

私達は、大人でも子どもでも誰でも得意・不得意があります。

子どもの不得意なことやできないことは

つい目についてしまいますが、

できること、得意なことに目を向けていくことが大切です。

 

得意なことや好きなことは楽しいので、

意欲的にどんどん挑戦していくことができ、

親や先生などに褒められたり、達成感を感じることで

自信をつけていくことができます。

自信がつくと、いろいろなことに挑戦していく力につながるので

全体的に力を伸ばしていくことができます。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「〇×グーパー」をご紹介します。

〇×ゲームを全身を使って表現して遊びます。

 

答えが〇だと思ったら、両手両足を大きく広げて伸ばす

「パー」の姿勢になり、

答えが×だと思ったら、両手は曲げて胸の前で小さくし、

足を閉じた「グー」の姿勢になります。

 

問題は「きゅうりは赤い。〇か×か。」など

簡単なものから始めて少しずつ難易度を上げていき、

絵カードや写真を使ったり、シルエットカードや

ジェスチャーなどでも楽しめます。

子どもに合わせた遊び方で楽しく遊び、

聞く力、考えて判断する力、イメージ力、集中力など

たくさんの力の発達を促していきましょう。