赤ちゃんが二足歩行を始めると腕の力は意識しなければ育ちにくくなります

子ども達を取り巻く環境は昔と大きく変わりました。

それによって、子ども達の基礎的な力の発達が遅れています。

 

例えば、転んだ時に腕で体を支えるような腕の力は、

子どもが二足歩行を始めると同時にあまり使わなくなります。

その時、大人が意図して腕の力を育てるような動きを

提供しなければ、子どもの腕の力は弱くなり、

転んだ時に体を支えることができず、顔などに怪我を

してしまうことが多くなります。

 

子ども達の怪我を防ぐためにも、日ごろからの

体を動かす運動あそびが大切です。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「クマ忍者の修業(平均台)」をご紹介します。

平均台や巧技台を置き、そこに両手をついて、
足だけで左右にジャンプする遊びです。

「忍者の修業だよ」と声掛けして、

大きな音を立てないジャンプを素早く繰り返すことを

意識付けて行いましょう。

 

最初のうちは足を開いて、片足ずつまたぐようにジャンプします。
慣れてきたら、両足一緒に左右にジャンプをします。
顔を上げて、左右にリズムよく跳べるようにしましょう。

 

手は固定したままで足だけを動かすので、イメージ力や
身体コントロール力、空間認知力などが養われ、

集中力も必要になる遊びです。
さらに、両足をくっつけて左右にジャンプをすることで
下半身の連動性も高まり、腰からのジャンプを習得することができます。

 

低い高さの平均台で行いますが、まだ支持力や体幹などが

弱い子や高さが怖い子などは無理にやらせず、
マットでのクマ忍者の修業で力をつけていき、

少しずつ跳び箱や側転などの動きにつなげていきましょう。