姿勢保持に必要な体幹の筋力が弱い子にも運動あそびが最適です。

今の子ども達の中には、体幹などの基礎的な筋力さえも

未熟な状態にある子がとても多くいます。

基礎がしっかりしていなければ、速く走ったり、

いろいろなスポーツでの上達が難しいだけでなく、

日常生活での姿勢保持も困難になります。

 

猫背だったり、背もたれにもたれかかってだらんとしたり、

楽な姿勢を続けていくことに良い点は一つもありません。

姿勢の悪さは心身に影響し、生活面や学習面にも

関わってくるので、小さいうちから体幹などの基礎筋力を

しっかりと身につけていくことが大切です。

 

私達こどもプラスが提供しているのは、子ども達の体・心・脳を

育てる「柳澤運動プログラム」による運動あそびです。

今日はその運動あそびの中から「ぶら下がりジャンプ」をご紹介します。

 

鉄棒の前後には直径30センチくらいのフープを

1つずつ置いておきます。

まずは後ろのフープの中に立って、鉄棒を両手で握ります。
そしたら腕を曲げて鉄棒にぶら下がり、
何回か体を前後に大きく振ってから、
タイミング良くジャンプして、前のフープの中に着地します。

 

鉄棒の高さは、高めの方が難易度は低くなります。

最初のうちは高めに設定し、少しずつ低くしたり、

フープの位置を前後に離したりしながら

レベルアップを目指して遊んでいきます。

 

腕を曲げた状態で長くぶら下がれることが良いので、
体を振る回数を友達と競争するのもおすすめです。

 

腕の懸垂力、腹筋背筋や太ももの筋力を養い、

逆上がりに必要な力も育てていきましょう。