子ども達の社会的スキルの向上には多くの人との関わりが必要です。

子どもが一番最初に社会的スキルを学ぶのは、

親や兄弟といった家族からです。

年齢を重ねるごとに近所の子や大人との関わり、

同年齢、異年齢の子との関わりなど

たくさんの人と関わることで社会的スキルを身につけていきます。

 

社会性は人と関わることでしか育てることができないので

幼いうちからできるだけたくさんの人と接する機会を作り、

子ども達が将来、良好な人間関係を築いていきながら

社会生活を送ることができるようにサポートしていきましょう。

 

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムでは、

友達と体を動かすことで、協調性や相手を思いやる力など

社会性の発達も促せる指導内容になっています。

 

その中から「指先でカップ運び」をご紹介します。

子ども達は数人ずつグループに分かれ、

横一列に並んで座ります。

体操座りのようにして、両手は後ろについておきます。

 

一番端の人にカップを1つ渡すので、それを足の指先で

挟んで、隣の人に渡していきます。

カップの挟み方は片足の指先で挟んでも、

両足の指先で挟んでもどちらでも良いですが、

受け取る時も渡す時も足だけで行なうようにしましょう。

最初は速さを競わず、ゆっくり丁寧にできることを大事にします。

 

上手に渡せる子は、うまくできない子にコツを教えて

あげたりしながらできるように、時間を設けても良いです。

指導者が簡単に答えを言ってしまわず、

子ども達から答えを引き出せるように導いていきましょう。

 

スムーズにカップを渡していけるように隣の友達と

息を合わせることや、教えたり教えられることなどで

社会性を刺激することができる遊びです。

 

慣れてきたらチームで競い合ったり、

ルールを追加したりしながら楽しく遊びこんでみてください。