社会生活で欠かせない「抑制力」が未発達で感情コントロールができない子が増えています。

「腹が立っても我慢する」

「早く遊びたくても先に宿題を終わらせる」

「授業時間中は椅子に座って授業を受ける」

これらのことができるのは、脳の前頭前野の働きの1つ

「抑制機能」がしっかりと働いているからです。

 

今は、この抑制機能が未熟な子が多くなっていて、

小学校中学年頃になっても喧嘩が耐えなかったり、

学級崩壊を招くような子が増えています。

 

抑制機能を十分に育てるためには、何といっても

幼児期からの運動あそびが重要です。

全身を使った運動あそびは、脳に多くの良い刺激を与えます。

そして、友達とのやりとりの中でルールを守るなどの社会性や

言葉の発達、コミュニケーション力や問題解決力なども育ちます。

 

ぜひ幼児期からの運動あそびで、子ども達の心と体、脳を

健全に育んでいきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「手足入れ替えの線路グーパーウシガエル」をご紹介します。

2本の縄やテープで、線路に見立てたものを作ります。

この線路の上をウシガエルの動きで進んでいきます。

 

まずは足を大きく開いてしゃがみ、両手をくっつけて

線路の中につき、足は線路の外側にジャンプします。

次は、両手を線路の外側についてから、

足は閉じて線路の中にジャンプします。

 

これを繰り返して、一歩進むごとに手足の位置を

中→外→中→外と交互にしながら進んでいきます。

その都度手足をつく位置を入れ替えるので、

考えながら体を動かすことができます。

 

ウシガエルの動きも、慣れてきて力がついてくると、

子ども達は速さを競いたくなってきます。

手足を速く動かして進むことも良いのですが、

幼児期に育てたいのはパワー系や速さを磨くよりも

素早い切り替えしなどの巧緻性を育てる方が大切なので、

動き方を工夫することで導いていきます。

 

 

また、速く進みたい気持ちを抑えて手足を入れ替えながら

動くことで、上記の抑制力も育てることができます。