運動あそびでは「できる」「できない」よりもできるまでの過程を大事にします。

鉄棒の逆上がりは、できる・できないがはっきり見えます。

しかし、評価する時にはできるかできないかで評価するだけでなく、

全ての子が楽しく鉄棒遊びができるようにすることが

最も重要なことです。

 

例えばぶら下がりは、逆上がりのためにとても良い遊びですが、

ただぶら下がるだけではそれほどおもしろくありません。

これをいかに楽しく、子どもが限界までがんばることが

できるような設定で、ぶら下がる力を付けていき、

逆上がりに到達できるようにさせるかが大事なポイントです。

 

ぶら下がり遊びは、鉄棒がないからできないわけではありません。

今ある環境でできるだけアレンジをして、

子ども達に日常的にぶら下がり遊び、逆上がりまでのステップを

提供できるようにしていきましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの中から

「ぶら下がりで人形投げゲーム」をご紹介します。

 

小さいコーンに手人形をかぶせたものを鉄棒の前に置きます。

鉄棒の少し後ろにはフープを置いておき、

子どもはその中に立ったら鉄棒を逆手に持って

腕を曲げてぶら下がります。

 

その状態で人形を両足で挟んで持ち上げて、

鉄棒の前にいる指導者に、そのまま足で投げて渡します。

足の力で投げるだけでも、体を振ってから投げても良いです。

自分の足で人形を取って持ち上げることが難しい子には、

指導者が人形を足の近くに持って行き、渡してあげてください。

 

まずは人形を足で投げられるようにしたら、

今度はどんどん遠くに投げられるようにしたいので、

誰が一番遠くまで投げられるか、友達と競争をしてみましょう。

 

また、人形を投げる位置にカゴなどを置いておき、

その中に人形を入れてみるという遊びもやってみてください。

これも慣れてきたら点数制などにして競争にすると、

とても盛り上がって遊ぶことができ、

子ども達が本気で限界までがんばることができるのでおすすめです。

 

さらに、これをだんだん逆上がりの動きにつなげていくためには、

腕を曲げた状態で足を上に蹴り上げるという力が必要になってきます。

そこで、人形を投げる方向を前ではなく、だんだん鉄棒の後方に

投げられるようにしていきます。

すると、逆上がりの形に近づけていくことができます。

 

少しずつステップアップしながら、無理なく楽しい活動で

子ども達の成長・発達を促していきましょう。