運動が苦手な子も成功体験を重ねることで運動好きになれます。

子ども達の中には、運動あそびが大好きで毎回張り切って

参加できる子もいれば、なかなか運動あそびに参加できない子もいます。

この、参加できない子の中には失敗を恐れているタイプの子も

とても多くいます。

この子達に「がんばってやろう!」と無理にやらせても、

失敗経験を重ねてしまうだけではますますやりたくなくなり、

運動すること自体を嫌いになってしまいます。

 

苦手な子には1つ前の段階の遊びに戻ってみて、

成功体験をたくさん経験できるようにし、

褒めるポイントを具体的にして自信をつけられるようにします。

そして、活動の最後は成功体験で終わらせる、

ということも1つのポイントになると思います。

 

子ども達1人1人に合わせた指導や支援をすることが大切です。

 

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「へびとカラス」をご紹介します。

子ども達が両足を揃えたジャンプができるようになったら、

前から来る縄を跳ぶ遊びを提供します。

 

2歳から年少さんくらいまでは、前から縄が来ると

縄に向かって跳び出してしまい、

なかなかその場でのジャンプができません。

そこで、その場でジャンプする練習をしてみます。

 

指導者が2人で縄の両端をそれぞれ持って子どもの前に立ち、

子どもに向かって進んで行きます。

その時に「へびがきたぞー!」と言って縄が足元に来たら、

子どもは縄をジャンプして跳び越します。

次は反対側から「カラスがきたぞー!」と

縄が頭の上を通るので、縄の方を向いて

縄に当たらないようにその場でしゃがみます。

これを繰り返し、だんだん素早く反応できるように行いましょう。

 

この遊びではスクワットのような動きができるので、

足を揃えたジャンプや普段の良い姿勢作り、

まっすぐ走るという力の上達につながります。

 

指導者が主導権を握る遊びでは、子どもに合わせて

難易度調整をすることもできるので、

1人1人が無理なく運動あそびを楽しめるように工夫してみてください。