子どもが集中して遊ぶには発達段階に合ったものを提供する必要があります。

日ごろの活動の中で、子ども達に運動あそびなどを

提供する時は、子ども達の様子をよく観察することが重要です。

もし子ども達が遊びに集中できていない場合は

それが発達段階に合っていない可能性があります。

 

簡単すぎてもつまらないし、難しすぎてもつまらないので

子どもの発達段階や興味に合わせたものを

提供することがポイントになります。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「クマ歩きから前転」をご紹介します。

 

まず、ゴール地点にはマットを敷いておきます。

 

子どもはスタートラインで、四つんばいから膝とお尻を

上げたクマ姿勢になります。

そしてクマ歩きでまっすぐ進み、マットの手前に着いたら、
頭を下に下げて、足の間から後ろを見ます。

 

この時、マットに頭をつけることができれば
そのまま前転の動きにつながるので、
できそうなら自分で前転をしても良いですし、
まだあと少しという場合は、補助で回してあげても良いです。

 

クマ歩きでは幼児期の子どもの発達にとても重要な

腕の支持力や手足の協応性を身につけることができます。

様々なアレンジを加えて、飽きずに遊べるように

工夫して遊びを発展させていってください。