幼児期の運動の経験はその後運動を好きになるか嫌いになるかの重要なポイントです。

子どもが運動を嫌いになる理由は、

「うまくできなくて面白くないから」「痛い思いをしたから」

「みんなの前で失敗して恥ずかしい思いをしたから」などが

あり、子どもの頃に運動を嫌いになると

大人になってもずっと嫌いだという人が多くなります。

 

運動は、子どもの体や脳の発達にとても重要なものです。

特に幼児期には脳の神経系が最も発達する時期なので、

体を動かすことで脳に刺激を送ることが大事なのです。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「壁のぼり」をご紹介します。

マットを鉄棒に布団干しのようにかけておきます。

これを壁に見立てて、この壁をよじ登って、

反対側に降りる遊びです。

 

まず両手と片足をマットにかけて上によじ登ったら、
マットの上で方向転換をし、後ろ向きに足から降ります。


方向転換せずに頭から降りようとすると
頭から落ちてしまうので、必ず鉄棒の上で方向転換して
足から先に降りるように、見本を見せながら伝えます。

 

この遊びで、高所感覚やバランス感覚、身体コントロール力、
空間認知力などの力を育てることができます。

高さが苦手な子は、高さの低い跳び箱で挑戦したり、

他の遊びで遊びながら少しずつ高所感覚や空間認知力を

身に付けていくようにします。

 

子どもの発達段階に合わせて運動あそびを提供していくことで、

無理なく楽しみながら基礎力を養うことができます。

基礎力がつけば、その後の様々な可能性が広がっていくので、

子どものうちに運動を好きになれるように

働きかけていくことが大切です。