子どもの運動不足解消や生活習慣の改善には大人の導きが必要です。

子ども達の運動不足や体力低下に伴って、

子どもの肥満や生活習慣病も増加しています。

食生活の乱れや睡眠不足なども影響しているとされ、

早急に改善していく必要があります。

 

生活習慣を整えることは、子どもが自ら変えていくことは

難しいので、大人が規則正しい生活習慣へ

導いていかなければいけません。

運動不足についても、子どもに運動をするように言っても

できることではないので、大人の導きが大切です。

 

子どもが体を動かすためには「楽しい」と感じることが

ポイントになるので、「遊び」である必要があります。

全身を動かして遊ぶことができるように、

子どもの運動能力や発達段階に合わせたものを提供していきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「汽車ぽっぽ」遊びをご紹介します。

両手は汽車の車輪のように体の横につけて動かしながら、
ホールの中を自由に動き回ります。

友達とぶつかる危険があるので、走ってはいけません。

 

合図があったら、その場で素早くうつ伏せになります。
もう一度合図があったら、起き上がってまた汽車のように動きます。

これを繰り返して遊びます。

素早く起き上がるためには、うつ伏せになった時に

足の指先を立てておくことがポイントになります。

 

合図を聞いて動くことで社会性や集中力がつき、
合図に素早く反応することで、瞬発力や身体コントロール力

などが養われます。


慣れてきたら、止まる時のポーズを変えたり、

自由に動き回るのではなくコースの中を

汽車で歩くようにしたりと、アレンジしながら遊び、

楽しく効果的に力の発達を促していきましょう。