運動あそびの継続で日常での怪我が減ります。

子ども達は、高いところから跳び下りる遊びが大好きです。

しかし、今の子ども達は日常的にジャンプ遊びをすることが少なく、

少し高いところから跳び下りただけでも怪我をしてしまい、

大人もジャンプ遊びを止めてしまうことが多くなっています。

 

子どもの体の発達において、ジャンプ遊びはとても重要なので

安全面に配慮した環境で行なうことで力をつけましょう。

力がついてくれば、怪我をすることもなくなってきます。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「跳び箱からジャンプでタンバリン両手タッチ」

をご紹介します。

 

1段の跳び箱とタンバリンを2つ用意します。

子どもが跳び箱の上に乗ったら、跳び箱の少し前に

タンバリンを2つかざします。

跳び箱からジャンプし、タンバリンを両手でタッチしてから

両足で着地します。

 

タンバリンの位置を確認してからジャンプすること、

腕を振ってジャンプをすること、

タンバリンをタッチしてから着地すること、

着地は手を付かずに両足ですること

などに気をつけて行なってみましょう。

 

着地でふらつく場合は、跳び箱を高くすると

怪我をする可能性が高くなります。

低い高さでしっかり着地の練習をし、

レベルアップは跳び箱を高くするだけでなく、

タンバリンの位置を跳び箱から遠くしたり、

2つを左右に離すことで調整していきます。

 

この遊びでは、高所感覚や、タンバリンの位置を正確に

把握する空間認知力、ジャンプでの全身のクッションや

連動性などを身につけていくことができます。

 

子どもによって段階が違いますので、

1人1人が無理なく自分に合ったレベルで挑戦して

いけるように提供していくことが必要です。