体幹の筋力の弱さから姿勢の悪くなってしまう子ども達が多くいます

最近は姿勢の悪い子どもの多さが気になりますが、

子どもは自分で自分の姿勢を維持することが難しいので

良い姿勢を作れるように導いていくことが大切です。

 

まず、体の軸を支えるための体幹の筋力が弱いことが

大きな原因の1つになるので、日常的な取り組みの中で

しっかりと基礎筋力をつけていくことが必要です。

 

今は習い事でスポーツをしている子ども達も多いですが、

小さいうちは特定の動きをするよりも

全身を大きく動かすような遊びをする方が大切です。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「横跳びカップタッチ」をご紹介します。

複数の色のカップを2列に間を空けて並べ、
両足をくっつけて跳ぶカンガルージャンプで、
カップをタッチしながら進んでいきます。

 

この遊びでは、斜めジャンプでジグザグに進むのではなく、
真横にジャンプすることができるようにします。

スムーズな横ジャンプをするためには、腕振りを

連動させることがポイントになります。

カップにタッチすることばかりに気をとられていると

ジャンプがおろそかになってしまうので、

まずは腕振りジャンプを練習しておきましょう。

 

また、慣れてきたらタッチするカップの色を

「消防車の色」や「赤と緑だけ」、「赤→黄色→緑の順に」

などの指定の仕方で挑戦していき、さらに頭を使いながら

遊べるようにしていきましょう。