子ども達の姿を観察することで取り入れるべき活動が見えてきます。

子ども達に運動あそびを提供する時には、

年齢だけのくくりで内容を決めるのではなく、

現在の子ども達の姿をよく観察することが大切です。

 

そうすることで、どんなことに興味があって

どんなことがやりたいのかや、

どんなことができて、どんなことができないのか。

ということが見えてくるので、

必然的に取り入れるべきものが見えてきます。

 

子ども達に合ったものを提供し、効果的に能力アップを

目指していきましょう。

 

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「足抜き回り着地でポーズ」をご紹介します。

鉄棒で足抜き回りをし、着地したら好きなポーズを決めます。

 

勢い良く回転すると、着地でフラフラして転びやすくなったり、
落下したり、脱臼などの怪我をしやすいので、
ゆっくり回転をコントロールしながら、
静かに着地ができるように促します。

 

静かに着地をするように言葉で伝えても

なかなか意識するのは難しいので、

子ども達が自らそうしたくなるように誘導しましょう。

例えば着地ポイントにフープを置いて
その中に着地するようにすると、回転の途中で着地位置を

目視で確認する必要があるので、ゆっくり回転しやすくなります。

色のテープを複数貼って、色を指定したりしても良いです。

 

また、着地の後にポーズを決めるということを

回転しながらも覚えていて、実行するということも

大事なポイントになります。

 

ちょっとした工夫で、子ども達の意識や育つ力が変わります。

まずは今の子ども達の姿をよく観察していきましょう。