子ども達の成長発達を総合的に促していく活動が大切です。

子ども達の脳の発達を促進させるものとして、

よく絵本の読み聞かせが取り上げられています。

読み聞かせは脳を活性化させ、コミュニケーション力や語彙力、

想像力などを高める効果があるといわれています。

また、親子のコミュニケーションの時間になり

子ども達の心の成長にもとても大切なものです。

 

そして、この絵本の読み聞かせよりも、脳に良い刺激を与え、

脳を活性化させてくれるのが「運動」です。

運動も日々の活動の中に継続的に取り入れ、

子ども達の心・体・脳の発達を促していきましょう。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。

縄やテープでジグザグのコースを作り、

コースからはみ出さないように片足クマ歩きで進みます。

片足クマ歩きは、四つんばいから膝とお尻を上げた

クマさんからさらに片方の足を後ろにまっすぐ上げて

両手と片足の3本足で歩くクマ歩きです。


この片足クマ歩きで、ジグザグのコースから

手足がはみ出さないように歩きます。
顔を上げて前を見る、手をしっかりパーに開く、
片方の足を上げて引きずらない、などのポイントに
気をつけながら、手→足→手→足の順番に前に出して進みます。

 

両手と片足立ちなので左右のバランスがとりにくく、
バランスをとるために腹筋や背筋が育ちます。
そして、両手をついてから片足を前に出すので

腕の支持力が強く養われます。

跳び箱や側転などの動きにつながる動きなので、

ポイントを押さえながら繰り返し行ないましょう。

 

また、ジグザグコースでは空間認知力や身体コントロール力なども

養われるので、コースの幅を狭くしたり広くしたりして

より効果的に力を刺激できるように工夫することも大切です。