運動不足は子どもの心にも体にも悪影響を与えます。楽しく体を動かす習慣をつけましょう。

保育園や幼稚園の子ども達が、

少し歩いただけですぐに疲れたと言ったり、

一日中部屋でゴロゴロして過ごしていたりする姿が

とても多く見られます。

また、いつもイライラしていて友達との喧嘩が絶えなかったり

すぐに手を出してしまう、我慢することが苦手、

といったような子ども達も増えています。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは

子ども達の基礎体力や基礎筋力を育て、

運動をすることが楽しくなるプログラムです。

そして、思いやりの気持ちを育んだり、

友達と協力することなどを体験することができ、

社会性や心の発達も促します。

 

幼児期の運動あそびで、子ども達の健全な発達を

促していきましょう。

 

 

今日は、柳澤運動プログラムの中から

「なぞなぞ横跳び」をご紹介します。

赤と緑など、色の違いがわかりやすい2本の縄を用意し、
間を空けて平行に並べます。

子ども達は2本の縄の間に入り、指導者が指示した色の
縄を横跳びで跳び越します。

 

色の指定は「赤」や「緑」という単純な指示から始め、

慣れてきたら、「ピーマンの色」や「赤じゃない方」、
色ではなく「窓に近い方」などもできたらチャレンジし

イメージ力や判断力などを刺激していきます。

 

また、ジャンプする時は、他の子とタイミングを合わせて

跳べるように「せーの」で跳ぶようにしましょう。
そうすることで、自分で考えて判断する力や、
答えがわかっても合図があるまで跳ばずに我慢する
抑制力などの力も養うことができます。

中には友達の動きに合わせているだけの子も

いますが、そうした子も自分で考えて動けるように

していかなければいけないので、

1人1人の様子をしっかり観察することが大切です。

 

アレンジ次第で遊びをどんどん発展させていくことが

できるので、ぜひ子ども達と一緒に楽しい遊びを

考えていってください。