定番の遊びも一工夫で子ども達の育つ力が倍増します。

昔からある遊びの「鬼ごっこ」。

誰もが経験したことのある遊びだと思いますが、

鬼ごっこは子どもの社会性を育てるとても良い遊びです。

そして、他にもたくさんの効果があります。

 

まずは、全力で走ることで基礎体力がつき、

瞬間的に動いたり方向転換をするので瞬発力や敏捷性も育ちます。

そして、鬼の位置と周りの友達の位置などを

常に把握しておくことがポイントなので、

全体を見る力や空間認知力なども養われます。

また、鬼がこう動いたら自分はこう逃げようなど

先を読む力や判断力も必要になります。

 

ただ、衝突事故が起きやすかったり、

足の速い子が有利になってしまう遊びなので、

全員が楽しめるような工夫が必要になります。

 

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

「クマさん鬼ごっこ」をご紹介します。

全員が四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢で

行う鬼ごっこです。

 

ただ、これでも自由に動き回ると衝突事故が起きます。

そこで、指導者が子ども達を時計回りに追いかけるようにしたり、

指定された場所に向かって逃げるような設定にすると

全員が同じ方向に動くので、衝突を防ぎながら遊ぶことができます。

さらに人数が多い場合には、

「男の子は青いマット」「女の子は赤いマット」に

逃げるように分けるのもおすすめです。

 

この鬼ごっこを日常的に行なっていくと、

腕の支持力が育ち、視野も広がってきます。

継続して楽しく遊べるように、いろいろなアレンジを加えて

遊んでみてください。

 

 

下記のメールフォームから登録していただくと、

子どもの年齢や発達段階に合った遊びをお届けすることができます。

ぜひ、ご活用ください。