大人が楽しく体を動かしている姿を見せることも大切です。

子どもは本来体を動かすことが大好きで、

大人の真似をすることも大好きです。

そこで、子ども達にたくさん体を動かして遊んでもらうためには

大人も一緒になって楽しく遊ぶことが大切になります。

大人が楽しそうにやっていると、

自然と子ども達も興味を持ってやろうとします。

 

強制ではなく、自主的に参加できるように

子ども達をうまくコントロールしていきましょう。

 

今日は、私達こどもプラスが提供している

柳澤運動プログラムの「つなわたりの途中で積み木拾い」

をご紹介していきます。

 

床には大縄などの縄を、少しクネクネさせて置き、

縄の周りには、複数の積み木をばら撒いておきます。

子どもは裸足になり、綱の上をつなわたりのように

歩いていきます。

縄から落ちないようにバランスをとって歩きながら、

その途中で指定された積み木を拾っていきます。

 

積み木の指定は、色、数、形などで指定し、

記憶力や判断力を刺激していきましょう。

最初は数だけや色だけの簡単な指示にし、

慣れてきたら色と数や色と数と形などで指定し、

少しずつ難易度を上げていきましょう。

最初から難易度が高すぎるとやる気を削いでしまいます。

 

縄の上を歩くのは、意外とバランスをとるのが難しいので、

裸足になって指先で縄をつかむようにしながら、

落ちないようにゆっくり進むことを見本で見せておきます。

見本を見せる時には、良い例と悪い例を見せると

子ども達はイメージしやすくなります。

 

積み木を拾うために立ったりしゃがんだりすることは、

足の指先の力や下半身の筋力アップにもなるので、

しっかりお尻を落として拾うようにしましょう。

 

また、縄から落ちないことを意識付けるためには、

「縄から落ちると、下は川だからワニさんが来て

おそってくるかもしれないよ!」などの

声掛けしておくこともおすすめです。

 

 

子ども達が「やってみたい!」と思えるような

導入方法、見本の見せ方、ルール設定の仕方や

声掛けの工夫などをしながら、いろいろな遊び方を

子ども達と一緒に考え、自分達だけの遊びを作り上げて

みてください。

 

子ども達は自分達で考えたルールはしっかりと守ります。

みんなで話し合うことはコミュニケーション能力の向上にも

つながってきますので、ぜひ試してみてください。