運動はできる・できないがはっきり見えるので、できれば大きな自信につながります。

子ども達が今後、様々なことに挑戦していく力を

身につけるためには、まず自分に自信を持つことが大事になります。

自分はできるという自信がある子は、

運動や学習だけでなく全てのことに意欲的に

向かっていくことができ、力を発揮することができます。

 

こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムは、

子ども達の発達段階に合わせた動きをスモールステップで

行なうことで、たくさんの成功体験や達成感を感じながら

取り組むことができ、確実に跳び箱や鉄棒、縄跳びなどが

できるようになります。

 

跳び箱の開脚跳びができた、鉄棒で逆上がりができた、

という経験は、子どもにとって大きな自信になります。

全ての子ども達がこうした経験ができるように、

楽しい運動指導をしていきます。

 

 

私達が提供している柳沢運動プログラムから

「焼きいも洗い機」をご紹介します。

子どもはマットの上で仰向けになり、

両手はバンザイのように上に上げて手の平を合わせます。

足もまっすぐにして、くっつけておきます。

 

そしたら指導者が子どもを横向きに転がしていきます。

最初はゆっくり、だんだん速く転がします。

子どもは、自分の力で転がる時よりも速くなるので

手足が離れてバラバラにならないように意識します。

手足がバラバラになったり曲がったりすると

まっすぐに進めなかったり、

スムーズに転がっていくことができません。

体をまっすぐにして、手足をくっつけておくようにしましょう。

 

慣れてきたら、マットの端を持ち上げて傾斜をつけ、

勢いよく転がしてみたり、マットの下に丸めたマットなどを入れ

傾斜をつけてみたりしながら遊んでみると、

スピードが上がるので楽しく遊べます。

 

マットから頭がはみ出したりすると危ないので、

安全に遊べる環境設定をして遊ぶようにし、

子ども達の身体コントロール力、回転感覚、空間認知力などを

養っていきましょう。