日常生活で体を動かさなくなった今、子ども達の体を育てる工夫が必要です。

現代はあらゆる面で便利な時代になり、

私達人間は、動いたり考えたりしなくても

生活ができるようになってきています。

 

リビングではテーブルと椅子の生活で立ったり座ったりが楽。

寝る時はベッドなので布団の上げ下ろしがいらない。

水道の蛇口はひねらなくても簡単に出る。

トイレは座れば良い洋式なので、

体を支えることが必要ない。

 

これが、子ども達の体格は良くなっているのに、

体力が落ちていたり運動能力が落ちているという

原因の1つと言われています。

 

日常生活の中で体を動かさなくなった今、

子ども達には大人側が体を動かす機会を

与えてあげなければいけない時代になっているのです。

 

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの

中から「切り返しウシガエル」をご紹介します。

まずウシガエルの動きは、足を開いてしゃがみ、

両手をくっつけて中について

手→足→手→足の順に前に出して進む動きです。

このウシガエルでジグザグコースを進んでいきます。

 

 

切り返しポイントにはコーンを置いておき、

そこまで行ったら両手を軸にして、

お尻を外側に振るようにして方向転換していきます。

目線はコースの外側ではなく、コーンの方を見なければ

うまく切り返しができないので、

先に指導者が見本を見せて理解を促しておきましょう。

 

こうした動きを体験していくことで、

跳び箱や側転など様々な運動の上達につながっていきます。

 

苦手な子がいた場合、子どもをよく観察すると、

足りない力や間違っているところなどが見え、

次に行なうべき動きが明確になります。

 

柳澤運動プログラムは、その子に合わせて難易度調整をし、

段階を追って確実に力をつけていくことができるのが

魅力の運動プログラムです。

まずは子どもをよく観察していくことが

その子に合ったものを提供するヒントになるので、

1人1人の得意・不得意を知ることを心がけてみてください。