現代の子ども達が苦手な動きを遊びに取り入れるのが運動あそびです。

現代の子ども達は、雑巾しぼりや雑巾がけができない子が

とてもたくさんいます。

雑巾がけは全身をバランスよく育てることができる

 

とても良い動きですが、苦手な子も多いので、

遊びとして取り入れていくことがポイントになります。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの

「ぞうきんがけ、ジグザグぞうきんがけ」をご紹介します。

まずは手をパーに開いて肘を伸ばした状態で

しっかり体を支えられていること、

手と足にバランスよく体重を乗せられていること、

前を向いていることを確認しましょう。

そして、ジグザグのコースや1周周るコースなどで

遊びます。

 

ジグザグコースでは、切り返しポイントにコーンや

ぬいぐるみなどの目標物を置いておき、

そこまで行ったら方向転換するようにすると

わかりやすくなります。

 

さらに、コースがあることで空間認知力や身体コントロール力

が育ち、自由に進めないことが抑制力や適応力なども

育ててくれます。

 

前を見ていなかったり、周りの様子を見ていないと

ぶつかったりすることがあるので注意してください。

ただ、全体に意識を向けながら動く力を養うことに

つながるので、安全に配慮した環境であれば

ある程度の人数でやってみても良いと思います。