子どもが喜んで体を動かせる遊びが子どもの力を引き出します。

「運動」というと、辛いトレーニングを思い浮かべがちですが、

子どもにとっての運動は楽しい遊びであるべきです。

子どもが楽しく、自らの意思で体を動かすことが

何よりも大切です。

運動あそびで、子ども達の体と心、脳を効果的に育てていきましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「平均台でカニさん歩き」をご紹介します。

平均台を2本横にくっつけて並べます。

その上に乗って横向きのカニさん歩きで歩いていきます。

両手は顔の横に上げてチョキにし、

カニのはさみのようにして渡りましょう。

 

狭い足場を歩くことで足に意識が向きがちですが、

手をチョキにしておくことで、2つのことを同時に行なう

力も身につけることができます。

 

横向きに歩くのは、普段の歩き方と違い慣れないと

歩きにくいので、最初はゆっくり進むようにしましょう。

横歩きでは足の内股の筋肉が刺激されるので、

普段椅子に座った時に足が開いてしまう子や

姿勢良く座ることが苦手な子におすすめの遊びです。

 

簡単にできてしまう子には、障害物を置いたり

平均台を1本幅にするなどして難易度を上げ、

逆に苦手な子は手をつないだりしながら、

それぞれが自分に合ったレベルで遊べるように

細かな配慮が大切です。