体の姿勢の変化に対応する力は0歳1歳のうちから養っておくことが大切です。

子ども達が鉄棒で前回りをしようとした時、

3歳ぐらいだと途中で手を離して落ちてしまう子がいます。

手を離してしまう理由は、逆さまになった経験がないからです。

経験したことのない感覚にびっくりしてパニックになり、

手を離してしまうのです。

 

逆さまの感覚は、0歳や1歳の未満児のうちから経験していくことが大切です。

1人では経験しにくいので、大人が手を貸してあげることで

いろいろな姿勢の変化や高さに対しても慣れていきましょう。

そうすることで逆さまになることが怖さではなく、

楽しく感じるようになり、技術も身に付きやすくなります。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの中から

「すずめの足振り」をご紹介します。

鉄棒につかまって飛び乗り、両手で体を支えます。

肘を伸ばして顎を開き、足は揃えてまっすぐ後ろに伸ばします。

これが、「すずめ」の姿勢です。

 

ここから、足を前後に振って遊びます。

最初は小さな足振りでも良いので、

一定のリズムで足を振れるようにします。

だんだん、鉄棒から体が離れて浮くくらい大きく

反動をつけて、足が振れるように練習していきます。

腕に体重を乗せられていないと、足を大きく振ることができません。

肘をしっかり伸ばして体重を乗せてから行なうようにしましょう。

 

そうすると自然に鉄棒が骨盤の辺りにきて、

前回りや逆上がりの時に鉄棒を下腹部でロックすることが

できてくるようになります。

鉄棒を下腹部でロックすることで回転がコントロールでき、

落下を防ぐので、連続前回りもできるようになります。

 

腕の支持力が弱い子や、高さに恐怖心がある子には

補助をしたり、1つ前の段階に戻ってみながら

段階的に力をつけていけるようにしましょう。