大縄跳びが苦手な子も取り組みやすく、全員の運動量が確保できる遊び方があります。

大縄跳びは子ども達が行なう定番の運動ですが、

中にはどうしても苦手な子がいます。

毎回引っ掛かってしまうと友達から責められたり、

嫌な思いをしてしまうこともよくあります。

 

そういう子ども達が、できるだけ嫌な思いをせずに

大縄跳びの練習をすることができる遊び方を

ご紹介したいと思います。

 

柳澤運動プログラムの「エアー縄跳び」です。

子ども達は縄から少し離れたところに、横一列に並びます。

大縄は、通常と同じように回します。

子ども達は、縄の動きに合わせてジャンプをします。

実際には縄は自分の足元には来ていませんが、

縄をよく見て縄が足元に来ているイメージで

タイミングを合わせてジャンプします。

 

これだと誰も引っ掛からないのでいくらでも

続けることができ、一定の運動量も確保できます。

最初は縄に向かって行ないますが、

慣れてきたら実際に大縄を跳ぶ時のように

体を横向きにして跳んでみます。

 

また、アレンジとして、跳びながら手たたきを1回2回と

指定してプラスするような遊びも取り入れ、

手たたきによってリズムが崩れても、縄の動きに合わせて

ジャンプをすることができる余裕も身につけていきましょう。