1人1人への具体的な声掛けで効果的に能力アップを目指しましょう。

子ども達の運動能力は、同じ年齢でもかなりの個人差があります。

その中で子ども達に運動あそびを提供した時に、

簡単にできてしまう子、何とかがんばってできる子、

あと少しでできる子、まったくできない子、

いろいろな子ども達の姿があります。

 

この子ども達を、「できる子」「できない子」に分けてしまうと、

どうしても指導や声掛けが漠然としたものになってしまいます。

できない子の中でもあと少しでできる子と、

まだもう少し時間がかかりそうな子には、

違った声掛けをしなければいけません。

今できていることを具体的に褒めてあげながら、

できないところを一緒にがんばっていこうとすることが大切です。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「まねっこ遊び」をご紹介します。

指導者が体のいろいろな部位を言いながら

そこに触るので、同じように言葉と動作を真似して遊びます。

例えば「ほっぺ」と言いながらほっぺを触るので、

子ども達も「ほっぺ」と言いながら自分のほっぺを触ります。

 

ポイントは、動作だけでなく言葉も真似することです。

そうすることで、言葉の理解力が高まり、

相手の言葉を集中して聞く練習にもなります。

 

慣れてきたらスピードを上げたり、

引っ掛けを入れたりすると楽しめます。

指導者の変わりに子どもに前に出て

見本をやってもらったりするのもおすすめです。