子ども達が遊びの中で生きる力を身につけていけるように導きましょう。

子ども達は、日々の遊びの中から様々なことを学び、

社会に出るための準備をしていきます。

しかし、今の子ども達の遊びは昔に比べて大きく変化し、

遊びの中で自然に身に付く力は少なくなってしまいました。

 

日々の活動の中で、まずは「動ける体」を作り、

幼児期により多くの経験や体験をすることができるように

大人側から働きかけていくことが必要になっています。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムは、

子ども達が自主的に取り組める楽しい運動あそびで

子ども達の体・心・脳の発達を促しています。

 

柳澤運動プログラムから「前後カンガルー」をご紹介します。

ゴム紐などで、少し高さのある障害物を作っておきます。

障害物の前に立ち、指導者の「前・後ろ」の掛け声に合わせて

障害物に当たらないように前後にジャンプをします。

 

跳び越す時に足がバラバラにならないように、

両足を揃えたジャンプをすること。

リズム良く連続ジャンプができるように

腕を振りながらジャンプをすることに

気をつけて行なっていきます。

 

前に跳ぶのは簡単ですが、後ろに跳ぶのは難しくなります。

後ろに跳ぶ時には、足の指先に力を入れて後方に跳び、

着地でバランスを崩さないようにしっかり踏ん張ります。

そしてまた次のジャンプに備えて準備をする必要があるので、

バランスをとる下半身や体幹の力、集中力や

身体コントロール力などが身に付いてきます。

 

慣れてきたら「前・後ろ」だけでなく「前・前・後ろ」など

前後をランダムにして遊んでみてください。

そうすると、しっかり指示を聞いて動く必要があるので、

聞く力や判断力、集中力を強く育てることができ、

相手に意識を向けることで社会性も身に付いてきます。

 

子ども達の様子に合わせて、いろいろな遊び方で遊んでみてください。