1日の中で子どもが遊びに費やす時間を増やしていきましょう。

最近の子ども達は、塾や習い事などで忙しい上に、

自由に使える時間はテレビやゲームをしている割合が高く、

外で友達と遊ぶ時間は少ないのが現状です。

 

外で友達と遊ぶことこそが子ども達の社会性を育て、

感情のコントロール力を身に付けたり、物事への意欲を高め、

心や体、脳の健全な発達を促してくれるので、

大人側も意識して関わっていくことが大切になります。

家庭でできる親子遊びなどもあるので、

大人も一緒になって取り組むことが大事です。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「集合ゲーム」をご紹介します。

まず、マットなどを使って集合する場所を

いくつか用意しておきます。

指導者が集合する場所を指示するので、

子ども達はそれを聞いて素早くその場所に移動します。

 

集合する場所は「バナナ色のマット」や「真ん中のマット」

などいろいろな言い方で指示を出します。

子ども達に合わせて指示の出し方を変え、

難易度調整をしていきましょう。

 

語意力、判断力、記憶力、空間認知力が養われ、

素早く動くことで足の指先の力や脚力も育ちます。

できるだけ素早く判断して動くことができるように

指導者が後ろから追いかけても良いですが、

興奮して怪我をすることもあるので、

子ども達の様子に応じて適度に取り入れてみてください。