子どもと大人の主導権のやりとりがよりよい運動の時間を作ります。

子ども達に運動あそびを提供する時に、

 

大人がずっと主導権を握っていると

子ども達は”やらされている”感覚になったり、

退屈して集中力が無くなってきたりします。

反対に子どもが主導権を握っている時間が長過ぎると、

まったく統制がとれなくなってしまいます。

 

そこで、「主導権を大人と子どもでやりとりする」ことが

より良い運動の時間にするコツになります。

説明→動く→説明→動くを繰り返していくことで、

全体に静と動のメリハリがつき、まとまってくるだけでなく

運動の上達もスムーズになります。

子ども達の様子を見ながら、適度に主導権をやりとりして

効率の良い運動あそびの時間にしていきましょう。

 

 

こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムから、

「平均台障害物渡り」をご紹介します。

1本の平均台の上にカップなどの障害物を置き、

障害物を避けながら歩いていきます。

両手を広げて、背すじを伸ばし、つま先歩きを意識して

行ないましょう。

 

障害物の数は4つくらいから始めて少しずつ増やしたり、

間隔を広げたり狭めたりして難易度調整をします。

慣れてくると子ども達は速く進みたがりますが、

速く進むことが目的ではないので、

指導者は”魔法の杖”(丸めた新聞紙など)を持って

子どもの頭の上で動かし、子どもはそれに当たらないように

かがんで避けながら進むようにします。

 

狭い足場で落ちないように全身をうまく使って

バランスをとることで、つま先の踏ん張り力や腹筋背筋、

膝の曲げ伸ばしなどが上達します。

これは、運動の場面や日常生活での怪我予防にも

つながるので、たくさん遊びこんでほしいと思います。