子どもの肥満が増えています。幼児期からの運動を習慣付けることが大切です。

子ども達を取り巻く環境は大きく変化し、

運動能力や体力の低下はかなり前から問題視されています。

また、生活リズムも夜型になり、睡眠不足も指摘されています。

 

運動不足や睡眠不足は子どもの肥満にもつながります。

肥満はあらゆる悪影響を及ぼすので、

小さいうちからたくさん体を動かす習慣をつけ、

健康的な心と体作りをしていくことが大切です。

 

私達こどもプラスでは、幼児期に多種多様な動きを経験し、

頭を使って考えながら動いたり、

友達と協力したり、友達に合わせて動くなどの要素を加え、

体力や運動能力だけでなく、子ども達の社会性も

しっかりと身につけていけるように指導しています。

 

私達が提供している柳沢運動プログラムの中の

基本の動き「クマさん歩き」のアレンジ遊びをご紹介します。

クマ歩きは、四つんばいから膝とお尻を上げて歩く動きです。

これをただ繰り返しても楽しくないので、

アレンジがとても大事なポイントになります。

子ども達が「やらされている」のではなく

自主的に取り組むことが、効果的に力を育てることにつながります。

 

アレンジとして、ゴムボールを半分に切ったものを複数用意し、

それを床に並べてコースを作ります。

そして、その上だけに手足をついてクマ歩きで渡っていきます。

足場がボコボコして不安定なので、

バランス力や身体コントロール力も養うことができ、

何より子ども達はドキドキハラハラを楽しむことができます。

 

 

コースを1列や2列にしたり、間隔を広げたり、

ボールの色が複数あれば、乗っていい色と乗ってはいけない色を

指定するなど、いろいろな方法で遊ぶことができます。

子ども達の様子や興味に合わせて遊んでみてください。