子どものやる気を引き出す声掛けが子どもの能力を引き出すポイントになります。

子ども達は3歳頃になると、男の子は男の子らしいもの、

女の子は女の子らしいものが好きになってきます。

そこで、何かを提供する時や褒める時も

そこを評価してあげることがポイントになります。

要所要所に、かっこ良く行なう動きや

きれいに行なう動きを取り入れ、

具体的に褒めてあげることでやる気を高めていきましょう。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの中から

 

「サルの玉乗り」をご紹介します。

鉄棒にぶら下がって肘と膝を曲げ、サルのぶら下がりをします。

そこから、鉄棒の下の置いてあるボールに足を乗せ玉乗りをします。

5秒数えたら次の人と交代します。

 

上手にボールに乗るためには、体重を全てボールに乗せず、

腕で体重を支えながら乗ることがポイントです。

最初に見本を見せて、イメージを持ってできるようにしましょう。

 

足先でボールの位置をコントロールするときには

腹筋が必要になります。

まだ腹筋が弱くてうまく乗れない子には、

下でボールを支えてあげながら練習していきましょう。

 

サルのぶら下がり遊びは、逆上がり達成につながる基本の遊びです。

いろいろな遊びがあるので、子ども達の発達段階に合わせて

アレンジも加えながら遊んでいってください。