「クマさん歩き」は子どもの発達を促し怪我も予防します。

こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムの中で

最も基本の動きに「クマさん歩き」があります。

四つんばいから膝とお尻を上げて

両手両足で歩く動きですが、

この動きをやっているかいないかが

子ども達の発達にはとても大きく影響します。

 

このクマさん歩きでは主に腕で体を支える「支持力」が育ちます。

クマさん歩きをやっている3歳児とやっていない5歳児では、

やっている3歳児の方がしっかりと腕で体を支えることができます。

また、日ごろクマさん歩きをやっていないと、

手足の動きがうまく連動しなかったり、

体の動きもぎこちなくなります。

 

子ども達は二足歩行を始めるとだんだん腕の力を使わなくなるので、

遊びの中でしっかり力を育てていくことが大切です。

 

 

 

柳澤運動プログラムから「動物のフープ渡り」をご紹介します。

小さいフープを複数用意し、少し間隔をあけながら並べます。

子ども達はフープに手足が当たらないように、

まずはクマ歩きで渡っていきます。
他にも片足クマ歩きやカエルジャンプ、カンガルージャンプなどの
動物の動きで進んでみます。

 

フープ同士の間が空いていることで、

手足をつく時に空間認知力を養うことができますが、

最初からあまり間を空けすぎるとバランスを崩して
転んでしまうことがあります。

子ども達に合わせて調節してください。

 

また、難易度を上げる方法はフープの間隔だけでなく、

ジグザグのコースにしたり、他の動作をプラスしたり、

フープの色を複数用意して、入っても良い色を指定したり

することで行なっていくことができます。

 

子ども達が楽しみながらレベルアップできる遊びを

たくさん考えて提供していってください。