集団生活は我慢の連続ですが、社会の中で生きるための力をつけることができます。

新しく入園した子ども達も少しずつ保育園・幼稚園での

生活に慣れてきた頃だと思います。

 

保育園や幼稚園のような集団生活の場は、我慢の連続です。

自分のやりたいことができるわけではないし、

使いたいおもちゃも順番待ち。

給食では嫌いな食べ物が出てきたり、

眠くなくても布団に入らなければいけない。

先生を独り占めしたくてもできない。

1日の中でたくさんの我慢をしなければいけません。

そんな中で子ども達は社会性を身に付け、

社会の中で生きていく力をつけていくのです。

 

 

私達こどもプラスでは子ども達の心・体・脳の

健全な発達を促すために柳澤運動プログラムを用いて

運動あそびを提供しています。

柳澤運動プログラムの中から「グーパー跳び」と

そのアレンジ遊びをご紹介します。

 

床に2本の線を引き、線路に見立てます。

まずはその線の中に、足を閉じて

両手は肘を曲げて胸につけたグーの姿勢でジャンプして入り、

次は線の外側に足を開き、

両手はまっすぐ伸ばして広げたパーの姿勢で跳びます。

これを交互に繰り返して進んでいくのが「グーパー跳び」です。

 

グーパー跳びがスムーズにできるようになったら、

次はグーの時にしゃがんで小さくなり、

パーの時に伸び上がって大きなジャンプができるようにしたり、

パーの時に体を半回転させながらジャンプしてみたりします。

 

このような動きを混ぜていくと

より体幹の力を強く育てることができるので、

普段の姿勢作りにも効果が出てきます。

腹筋は背筋といった体幹を強くするには

ジャンプ遊びがとてもおすすめです。

子ども達が楽しく取り組めるように、

また、様々な能力アップにつながるように

動きをプラスしたり変化させながら遊んでみてください。