幼児期の運動あそびで、体を操作する力の土台作りをすることが大切です。

よく転ぶ、物にぶつかる、体の動きがぎこちない、

衣服の着脱がうまくできない、箸やスプーンがうまく使えない、

など、運動や生活の場面で不器用さが目立つ子がいます。

 

体も脳も動かすことで発達していくので、

日常の中でたくさん動かす機会を作ることが大切です。

いろいろな環境でいろいろな体の動かし方を体験できるように、

促していきましょう。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムには、

考えながら体を動かす運動あそびがたくさんあるので

子ども達の体を操作する土台作りができます。

 

柳澤運動プログラムの中から「忍者の平均台渡り」をご紹介します。

平均台の上を、忍者のように音を立てないように

つま先でゆっくり渡っていきます。

速く歩くことよりも静かに歩くことを意識します。

 

高さのある狭い場所を歩くので、落ちないように意識する余り

下ばかり見てしまう子がいます。

下ばかりを見ているとかえって体が不安定になり

バランスを崩しやすいので、

目線は足元と数メートル先の両方に向けながら歩きましょう。

 

音を立てないように歩くには、かかとを上げて

つま先で歩くことがポイントになるので、

つま先に意識を集中させて歩くようにします。

 

バランスを取る力や集中力、身体コントロール力、

空間認知力などが育つ遊びです。

集中してできるように、見ている子ども達も

静かに見ることが大切です。

誰が一番静かに歩けていたかを聞くようにするなど、

工夫をしてみてください。