3歳では他者からの評価を欲しがるので、子どもをたくさん褒めて伸ばしましょう。

子ども達は3歳頃になると、「目標に向かってがんばる」

ことをある程度意識してできるようになります。

そこで、運動あそびを提供する時は

その動きでの大事なポイントやダメなポイントを

明確にしてあげることが大切です。

 

また、3歳では親や保育園の先生など、

自分の身近な好きな人からの評価を欲しがる時期です。

頻繁に「見て見て!」「すごい?」という声が出てくるので、

そんな時はしっかり見て褒めてあげることが大事です。

 

適切な関わりで、子ども達の能力を最大限に

引き出していくことができます。

 

 

柳澤運動プログラムの「豚の丸焼きでタンバリンタッチ」

という遊びをご紹介します。

鉄棒に両手でつかまり、足を鉄棒にからませるようにして
ぶら下がり、豚の丸焼きになります。

この時、足をうまく鉄棒に絡ませることができず、

何度もチャレンジしているうちに

手の力が尽きて落ちてしまうことがあるので、

必ず子どもの手首を握る補助をしておきます。

しっかり手足でぶら下がれたら、顎を開いてタンバリンを見て、
片手を離してタンバリンを叩きます。

 

豚の丸焼きでは逆さ感覚が養われます。
そこにタンバリンタッチをプラスすることで

さらに強い逆さ感覚や、空間認知力、身体コントロール力も

身につけていくことができます。

 

鉄棒に慣れ、今後いろいろな動きにつなげていくためにも

難易度の低い遊びから段階的に取り入れ、

楽しく活動できることを大事にしましょう。