脳の「抑制機能」が十分に育っていない子ども達が増えています。

脳の前頭前野は、思考や創造などの能力を司っている

脳の司令塔とも呼ばれるとても重要な部分です。

この前頭前野の働きで大切なものとして「抑制機能」があります。

この抑制機能がまだ未熟な幼児期は、

湧き上がる欲求を抑えることができないので

我慢をすることが苦手です。

成長とともに前頭前野が発達し、

かんしゃくを起こさなくなったり、

静かに座って話しを聞けるようになったり、

遊びたいのを我慢して先に宿題を終わらせたりできるようになります。

 

この抑制機能を育てるには「運動」が効果的です。

今の子ども達は運動不足などもあり、

抑制機能が十分に育っていない子が多く見られます。

子どもにとっての運動は遊びであることが大切なので、

楽しい運動あそびで子ども達の育ちを促していくことが必要です。

 

柳澤運動プログラムから「つなわたり握手」をご紹介します。

床に大縄などの縄をおき、その上をつなわたりのように

渡っていきます。

縄の途中に指導者が立っているので、

一度止まって握手をしてから最後まで渡ります。

 

足の指先で縄を感じながら歩けるように

裸足で行なうことがポイントです。

そして、縄から落ちないようにバランスをとって

歩くことで腹筋や背筋など体幹の筋力が養われます。

握手をする時もバランスをとることを意識しながら行い、

2つのことを同時に処理する力もつけていきます。

 

簡単すぎても難しすぎてもつまらないので、

子ども達に合った遊び方でアレンジしながら

遊んでみてください。