子ども達が社会で生き抜く力を幼児期からの取り組みで育てていきましょう。

私達の脳みその大きさは、げんこつ2つ分くらいです。

このうち、がんばってコントロールできるのは

表面の1cmの部分だけです。

逆に言えば、この表面の1cmの部分は意識して

変化させていくことができるということです。

 

この表面1cmの部分が何をしているかというと、

私達が社会生活を送るために必要な力を司っていて、

人を思いやったり、集中して勉強や仕事をしたり、

我慢をしたり、将来のためにがんばるといったような

とても重要な働きをしています。

 

幼児期からしっかり刺激してあげることで、

子ども達の能力を育てていきましょう。

 

 

私達が提供している柳沢運動プログラムの中から

「跳び箱跳び移りジャンプ」をご紹介します。

1段と2段の跳び箱を複数用意します。

低い→高い、高い→低いの両方を体験できるように並べ、

その上をジャンプして渡っていきます。

跳び箱が足りない場合は丸めたマットなどで代用します。

 

この遊びは速く渡ることが目的ではないので、

勢いに任せて進まずに、1つ1つの跳び箱を

確実にジャンプして渡っていくようにします。

慣れてきたら跳び箱同士の間隔を少し広げて挑戦します。

 

高さが怖くて背中が丸まってしまうことがありますが、

下ばかりを向いているとバランスを崩しやすくなるので、

目線を上げて行なうように声掛けをしていきます。

怖くて進めない子には、隣に寄り添って手をつないだり

丸めたマットなどの低い高さで練習していきます。

 

渡り終わったら両足ジャンプで跳び下りて、

ポーズを決められると良いですね。