今の子ども達は、遊びだけでなく生活面でも体を動かす機会が減少しています。

今の子ども達は、外で体を動かして遊ぶ機会が減っただけでなく、

生活全般において様々な動きを経験することが減っています。

例えばぞうきんを絞ってぞうきんがけをする、

水道の蛇口やドアの取っ手を捻る、

靴ひもを結ぶなど、昔の子ども達が日常的にやっていた動きを

経験することがとても減っていて、

幼児期に身につけることができない子ども達が増えています。

 

幼児期のうちに様々な動きを経験することができるように

大人側からの働きかけをしていきましょう。

 

 

柳澤運動プログラムの「スタート&ストップ」をご紹介します。

「動く」「止まる」という前頭前野の活動を育てる遊びです。

「スタート」で動き、「ストップ」で止まります。

合図に合わせて動くためには、合図の言葉を理解していることと、

しっかり合図を聞けることが大切になります。

 

 

また、止まる時につま先に力を入れてぴたっと静止することで、

足の指先の踏ん張る力が育ち、バランス力がアップしたり、

かけっこで速く走ることができるようになります。

動きのメリハリがはっきりつくように、

指導者が大げさに見本を見せながら遊んでみてください。